スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BOOKS】『高学歴ワーキングプア』

高学歴ワーキングプア  「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)
(2007/10/16)
水月 昭道



副題は「フリーター生産工場としての大学院」。

「ニートの生産工場」としなかったのはせめてもの気遣いか。

いわゆる「ドクター・ポスドク問題」を取り上げた一冊です。

正直なところ、データも分析も提言も種々のブログのレベルを超えておらず、
新しい発見はさほど多くありませんでした。

”著者略歴”には、「任期が切れる2008年春以降の身分は未定」(現在は非常勤講師)とあります。
被害の当事者として書いているという意味なのでしょう。
本書の中身も憤怒で満ちていますし。

著者の焦点は、著者の言葉を借りれば
「二流大学から二流大学大学院に行った人」や
「二流大学から一流大学大学院に行った人」に向けられており、
「一流大学から一流大学大学院に行った人」に関してはほとんど語られていません。
(著者による「一流」の定義は「旧帝大」)
わずか数行、「この人たちは最もフリーターを回避できるチャンスがある」と言及されているに過ぎません。

いや、それはどうなのかと。
是非とも、「一流大学から一流大学大学院に行ってもなお苦しい」という人々もインタビューして欲しかった。
そっちの方が危機感を煽れるでしょうに。


本書では、博士号を取ったのに苦しい生活をしている人々の様子が語られるわけですが、私が愕然としたのはそういった「問題提起」の部分ではなく、著者が「希望もあるよ!」と訴えている章でした。

「大学院のいいところ」の一つとして、「コミュニケーションの達人へ」という節が設けられています。

曰く。
「実は大学院では、常識をとても大切にした教育がなされているからだ。
 挨拶に始まり、研究室の掃除や資料の生理整頓、指導教官へのお茶くみ、気の利いた会話、先輩は後輩への気遣い、事務職とのお付き合い、会議などの準備・手配や飲み会等の仕切り、など。いわゆる下積みというものを、何年もの間にわたり経験させられるのが、大学院生の普通の生活なのだ」


これは衝撃的。

何ですか指導教官へのお茶くみって??

会議の手配って???

しかも「大学院生の普通の生活」????

初耳なんですけどっ!

もはや「下積み」というよりアカハラに聞こえてしまう。

そこらの企業や職人の「下積み」と違って、大学院生は金を払っているんですよ。

金ヅルをこき使うなんて、そんなのアリ?


(まぁ確かにうちのように、試験管etcまで洗ってくれる人が存在するのが良いかと言われると大いに議論の余地はありますが。)


この状況が、「大学院の希望」として真剣に(皮肉ではなく)語られているところに、問題の深刻さを感じました。

スポンサーサイト

コメント

問題の深刻さ

 はじめまして。

>もはや「下積み」というよりアカハラに聞こえてしまう。
>そこらの企業や職人の「下積み」と違って、大学院生は金を払っているんですよ。
>金ヅルをこき使うなんて、そんなのアリ

 金払ってる院生はお客様だから好きなことだけやらせろってことかな?

 そんなのアリ?というよりもまず、いい年こいた人間が「そういう事すら教えてもらわなければならない」ことの方が問題じゃないでしょうかねぇ。普通の「社会人」は、その下積みで身につける程度の 常 識 は 既 に 持 っ た 状 態 で 社会に出て行きます。でないと就職活動うまくいきませんから。言い換えれば脱ワーキングプアを目指すなら、筆者のいう「下積み」で身につく程度の事さえ身についていない大学院生ってもはや駄目駄目なんです。

 そんなのアリ、というよりも、そういう下積みを経験し、まともな社会人になるチャンスを得られる土壌(研究室)であればむしろラッキーでしょう。高学歴ワーキングプア。下積みを経ず、持っているべき常識も持たず、結果として社会に出て行けない。そういう博士が問題になってるんじゃないでしょうか。

 私は博士取得後民間企業へ行きましたが、出身ラボには社会に巣立てない先輩がごろごろ残ってますよ。彼らは「自分はやりたい事(基礎研究)があるから何が何でも大学にいるんだ」などと行ってますが、結局出て「行けない」だけ。ただの研究オタク。ああいう人達にはぜひ、下積み生活を経験していただき、社会に出て行ける力を身につけてほしいものです。

コメントありがとうございます。
返信が遅れてしまい申し訳ありません。

私も、「お茶汲みや会議の手配といったことさえできないような院生はダメ」という点には全く同感です。

しかし、私が驚いたのは、彼らが「お茶汲みもできない」ことではありません。
「お茶汲みをやらされている」点です。
「できる」ことと「すべき」ことは違うはずです。
「雑務が普通にできる『良質な』院生でも、本来院生がすべきことではない雑務をやらされうる」という事態は看過できるものではありません。

「金払っている院生はお客様だから好きなことだけやらせろ」
というまとめは、半分その通りで、半分は違います。
「何のためにお金を払っているのか」という点が重要だと考えます。
彼らは研究をするために院に行っています。
決してお茶汲みの練習のためではありません。
お茶汲みくらいできる『普通の』(たとえば社会人から院生になったような)院生でさえそのような雑務をしなければいけないことは一種の契約不履行です。

たとえば、英会話学校にお金を払って、その会社から
「社会人として当然お茶組くらいはできなきゃいけないから、講師にお茶を汲んで来い」
「社会人として当然会議の手配くらいはできなきゃいけないから、うちの会社のために会議を手配しろ」などと言われたらスキャンダルになるでしょう。

つまり、正確には「研究のために金払っている院生は研究をやらせろ」となります。

ラボから「出て行けない」院生が多いことは私も切に実感しております。
ただ、現状では下積み教育をさせているラボの意図は、「社会に出て行かせたい」ではなく「院生を雑務の労働力にしたい」であることの方が多いのです。
未だに「研究者にならずに社会人になるなんてドロップアウトだ」という雰囲気がはびこる世界ですから。

こう言うのを見ると、日本の大学に行きたいんだか解らなくなるな。

単純な話ですよ。
「頭がある者」は頭を使い、「無い者」はない分だけ、周囲に対し気を使って生活する。
どこの世界でもそうです。

>鉄人27号さん

お返事が遅くなり申し訳ありません。
本当に仰る通りで、日本の大学の意義を問いたくなります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。