スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経産省:「基礎研究者は30年先のヴィジョン示して」

経済産業省の企画官の方の講演を聞きに行きました。

テーマは経産省の技術開発計画。

内容はとても興味深いものでした。

その分、突っ込みどころが多くありまして。


たとえば、過去の計画の説明における以下のお言葉。

「平成8年から12年の計画時には、昔問題になったポスドク1万人計画が出されたわけですが」


ん?昔?

いや過去の問題にされても困るのですが

と突っ込みたいのをこらえました。




しかし基本的にこの方は基礎研究を擁護する立場で話されていたので、その点で参考になる点は多くありました。

最近、企業による大学向けの競争的資金の枠も増えていますが、大学による申請の内容が『企業的になっている』ことが企業としては不満のようです。

おそらく大学は、企業に気に入られようとしてそのような計画をしているのでしょうが、企業的な開発研究なら自社でできるから必要ない、と。

大学には大学らしい基礎研究をして欲しい、とのことでした。

過去10年ほど、企業は基礎研究から開発研究のほうに軸足を移していたわけですが、そのツケが現在ボディーブローのように効いている、という話もよく耳にするそうです。



しかし財務省は、『研究費に金を投じるのは砂漠に水をまくようなもの、一体何が出てくるのかわからない』という意識から全く抜け切れていないらしく、
従って研究者は社会に対して「これから何が出てくるのか?」という点を明確に示していく義務がある、と強く強調されていました。

それも10年~30年の戦略を。



30年て。



3年先が闇であるビジネスの世界の人が聞いたら卒倒しそうです。


しかしこの発言に違和感を持ったのは私だけではないらしく。

「30年の間には世代交代が起きるから次の世代がその研究を継いでくれる保証が必要だが、そんなことができるのか」

という突っ込みも入ります。

それに対しては「研究者が30年先のビジョン、見通しを示せば大丈夫」と。

ほんまかいな。

ビジョンがあっても、『生きていけそう』という感覚を伴わないとなかなか人は来なさそうに思うのですが。




30年ってすごいですよ。

逆に30年前の状況を考えてみればわかります。

ソ連でポリウォーターなるものの研究がブームだった時期(30年以上前ですが)に、「30年後にはこの研究はこうなる!」と妄想していた研究者は涙目。二重の意味で。

ポリウォーターの存在自体がかなり早い段階で間違いだと判明した上、

30年も経たないうちにまさかソ連という国家の存在が消えるなど誰が想像したでしょう。


よくよく考えると、研究予算の枠は政府の「重点分野」云々で決まってくるので、むしろ政府に「むこう30年、どのような計画で予算を配分なさるのですか」と聞きたい気もします。

と言うと

「その計画を立てるために皆様研究者の計画が必要なのです」と言われそうですが。

しかし何を重点化すべきかというのは多分に社会的な問題であり、科学者が決定すべきところではない気もするんですよね・・・



等々、突っ込みどころはたくさんあったのですが、この担当者の方は「研究者と対話しよう」という姿勢が滲み出ていて非常に好感が持てました。

突っ込みようがないような、単なる事実の羅列にすることも可能だったのに。

「問題提起」や「行動の提案」まで突っ込んでプレゼンテーションされていたからこそ突っ込みどころが出てきたのだと思われます。
スポンサーサイト

コメント

ブログ

いろいろと更新しましたね。
でもでもまた新しい記事が読めてよかったです!

就職したら、書く時間がないくなるかもね。。。

>ligeiaさん

お返事できておらず大変失礼しました。
仰る通り、就職すると更新する時間がなくなりそうです。
ただ、就職すると「書きたい」ことはたくさんでてきそうなので、そのジレンマに悩みそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。