スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊長類研究所40周年記念公開講座

昨日、京都大学霊長類研究所40周年記念講演に行ってきました。

講演中、何度も携帯電話を鳴らすジィサマや
質疑応答で論題と関係ない自説を大声でまくしたてるジィサマなど
マナーの悪い聴衆に苛立ちながら聞いていました。
(『一般講演』はこういう点が問題ですね。良識ある一般市民を遠ざけてしまいます)

しかし講演自体は面白かった。
冒頭でのアユム君のビデオは、私を含め全員が驚嘆していました。

画面上にランダムに配置された1~9の数字を順にタッチしていくタスク。
通常の人間より速いのですが、これは別に驚きません。

問題はその変形バージョン。
数字の1を押した瞬間、2から9までの数字はただの四角に変わってしまいます。
つまり1を押すまでに全ての数字の配置を覚え、正しく順番に押さなければなりません。

アユム君はこれを瞬時にやってのけます。
数字が現れてから0.5秒ほどで1を押し、その後も高速で2から9を押して行きます(数字は見えないのに)

すごーい。

無論、これをもって「アユム君のほうがヒトより賢い」という話にはなりません。
チーターのほうがヒトよりも早く走れますが、その事実をもって「チーターのほうがヒトよりも運動神経が良い」という話にはなりませんし。
知能や運動神経といっても様々な個別能力があり、種によって特異・不得意があるという話。


松井智子先生の話も非常に興味深いものでした。

サリーとアンのテスト(過去ログの注記参照)を変形させて、
様々な実験をしていました。

【“霊長類研究所40周年記念公開講座”の続きを読む】
スポンサーサイト

【紀要】言語の起源をテナガザルから探る

生物学科の学内紀要がなかなかおもしろい。

正高信男さんの報告は「テナガザルの歌に言語の起源をさぐる」。

どうも正高さんはデータから言えることを逸脱した仮説を提唱する傾向があるように思うのですが、新しい考え方を提示してくれるので好きです。


今回のテーマは言語の起源。

「言語の起源を実証科学で解答を出すのは、大変難しい」と断りつつ、

その理由は
「化石は行動の進化に関してほとんど何も語らない」
からとしていて、

「よって現生の霊長類の行動にモデルを求めるのが重要」
としています。

【“【紀要】言語の起源をテナガザルから探る”の続きを読む】

手話は表情でも文法が決まる

手話には手の動きだけではなくて表情も重要であるということはそれなりによく知られている。

けれども、『遺伝子・脳・言語』(堀田凱樹、酒井邦嘉著;中公新書 2007)という本を読んで、「手話には表情 “も”重要」などというレベルではなく、文法レベルで「手話の一部」ということがわかった。

たとえば、
「佐藤が来ます。田中が来ます。」という並列文と、
「佐藤が来れば、田中が来ます。」という条件文。

この二つは、手の動きが同じで、顎の動きで区別されるのだという。

これは、「表情でニュアンスが変わる」という問題ではない。
根本的に文法が異なる。

もはや ”手”話 という言葉は不適に思えてきた。

体話?



他に、手話関係でおもしろいと思ったことが何点か。


【“手話は表情でも文法が決まる”の続きを読む】

【BOOKS】『手話の世界へ』:手話文法を作り出す能力

手話の世界へ 手話の世界へ
オリバー サックス (1996/02)
晶文社

この商品の詳細を見る



「耳の聞こえないこの老女は、ひとり夢想にふけることがあった。
そんな時、両手をせわしなく複雑に動かし、編み物でもしているようなしぐさをする。

だがこの老女の娘(この娘も手話ができる)によると、それは編み物をしているのではなく、手話で考え事をしているのだという。

寝ているときでも、両手をベッドカバーから出して手話をすることがある。
手話で夢を見ているのだ


本書では、手話を操る人々の驚異的な世界が展開される。

聴覚障害をテーマにしたドラマや小説などを読んでいると、彼らが「弱者」であることが前提とされているが、それはあくまで「社会的弱者」であって、言語能力においては弱者でもなんでもないことがよくわかる。


彼らは口話とは異なる独立した文法と独立した空間解析によって独自の世界を築いているのだ。
いわば「外国語をしゃべる人」なのであり、言語能力に『障害』があるわけではない。


加えて学術的にも、手話は脳の言語機能を解析する上で非常に有益な現象である。

チョムスキーの言う「人間に特有で、生来的な普遍文法」を示唆する強い状況証拠を数多く提供してくれるからである。


【“【BOOKS】『手話の世界へ』:手話文法を作り出す能力”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。