スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BOOKS】『物理学と神』:宇宙項は出所不明

物理学と神 物理学と神
池内 了 (2002/12)
集英社

この商品の詳細を見る


「私には、宇宙項教が流行するような宇宙論こそ、本当の『危機』にある、と思えて仕方がない」

なんだ、やっぱりそうなのか、
と安心させてくれると同時に考えさせられる一冊。

宇宙論や素粒子論をかじると、
「一体その概念はどこから出てきたのか?」と思うことがよくある。
宇宙論では宇宙項がその代表。

単に門外漢だからか、と思ったが、物理学博士の著者がお墨付きを与えてくれた。

宇宙項の出所は不明だが、定常宇宙論での真空からの物質生成ほど怪しげではない。

宇宙項教は、かのアインシュタイン大先生が教祖なのだから、何をためらうことがあろうか、とりあえず信じる(ふりをする)ことにしよう。

そうすれば論文数が稼げるという現世のご利益がある。
アインシュタイン様様である。

宇宙項の出所がわからないところ特に都合よい。
好きなだけ調節して、お好みの宇宙を造ることができるからだ。」
(強調は引用者)

やはり宇宙項は、「これがあると観測の説明がつく」という、実態不明の代物であるらしい。
しかもダークマターも同様だそうで。

「気とか霊が物を動かすというほど荒唐無稽でもないが、実態が明らかでないものに原因を押し付ける手法は似ていないでもない」


【“【BOOKS】『物理学と神』:宇宙項は出所不明”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。