スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカハラの事例3つ:セクハラ対策委員のセクハラ行為、他

vikingさんのエントリーでアカハラ事件簿が載せられておりますが、
アカハラに関してはひどい話がいくらでもあり、
私もその一端を載せたくなりました。

本当はうちの大学での話を書きたかったりするのですが
まだラボ内の人から直接状況を伺ったわけではないので控えます。
とりあえず出版されているものから3例ほど。

まずは『不肖・ハクラク進路ナビ』より。

「セクハラ相談所なんて役に立たない」とはよく聞く話ですが、
これは「セクハラ委員がセクハラしていた」という笑えない事例。
「セクハラ対策委員」ではなく「セクハラ実行委員」になっておる。

以下、太線は引用者によるものです。

コラム『アカハラの嵐のなかで(読者からの投稿)』

『現在のボス(国立大学の教授)はここ何年も、論文を出していないし、
研究助成費を一回も獲得していません。
研究室は私があちこちから獲得している研究費でやりくりし、
研究指導も私が中心に進めています。
それだけなら我慢の範囲内ですが、教授のヒステリーと
ストーカー行為
から学生を守るのが大変です。

教授は、気に入った学生だと、しつこく食事に誘う、
自宅まで無理に送る、パソコンの中身を見る、何時間も雑談の相手をさせる。
それで、女子学生が一人、鬱病になって退学し
男子学生も一人、不登校になりました。

一貫性のない指導、突然の激昂、数時間にわたる人格攻撃
学生の悪口を言っては周囲に同意を求め、
助手がいじめたから学生が退学したと言いふらすなど、邪魔ばかりです。
(中略)
現在も教授の迷惑行為は続いています。
研究室の学生には、教授は病気だと伝えています。
ちなみに、その教授は大学のセクハラ委員だったので
大学の人事管理は全く機能していないと思った次第です。』



【“アカハラの事例3つ:セクハラ対策委員のセクハラ行為、他”の続きを読む】
スポンサーサイト

博士進学問題:学生は就活同様の研究室選びをすべき

なんだか博士就職の話題がブログ上で再燃しているようなので
便乗してエントリーします。

かなりの長文になってしまいました。

まずは時系列順に引用します。
太線は全て引用者によるものです。

最初に、lanzentraegerさんによる、うすっぺら日記より。

「学生の進路が定まらない理由の中には、自己責任の部類に含まれる
ことも多いとは思いますが、根本的に、大学院の研究室というところは、
進学してきた学生がその後どうなろうが知ったこっちゃないというところに
非常に問題がある
ように思えます。」

「もしも、「他人の人生設計まで面倒見切れない、自己責任だ。」というなら、
それを前もって明らかにしておくべきです。
あくまで、大学は教育機関であるのだから。」


続いて、stochinaiさんによる5号館のつぶやきより

「私は前から不思議なのですが、こうした研究室の先輩の進路状況や、
研究室で上に書かれているような理不尽が行われているということが、
ほとんど後輩に語りつがれていかないという現実があります。
その結果、数年前に起こったアカハラ事件とほとんど同じことが
数年後の同じ研究室で再現されているなどという信じられないことが
いまだに続いているところもあるようです。」

「というわけで、教員を糾弾して改善を迫ることも大切だと思いますが、
学生側の情報流通をなんとかする策も講じる必要を強く感じているところです。」

次に、vikingさんによる大「脳」洋航海記より。

「学生・院生たちにとっては自分の人生設計の一環として選んだラボなわけです。
指導教員には彼らを無事卒業(修了)させ、就職させる責任があります。
そうでなければ教育機関ではありません。」



最後に、potasiumch さんによるpotasiumchの日記より。
これまでの方々とは少し違う見方をしています。

「大学院の教員というのは学生の人生設計まで面倒を見る必要があるのだろうか。
「教育機関である」⇒「人生設計の面倒を見るべき」という話の流れがあるけど、
それって合意が得られていること?」

「「人材育成」と「人生設計」をごちゃごちゃにしているように見える。
研究者という人材を育成するのが大学院の役割なわけで、
それを果たしていないなら糾弾すれば良い。
あるいはそんなところには入らなければ良い。
そこはおっしゃるとおり、先輩の話を聞くなり
いくつか研究室を回るなりして調べたらいい。
で、人生設計? それは自分で考えることでは? 
教員なんて人生あるいは業界の先輩として何か利用できればラッキー
ってなぐらいで、初めから世話してくれるのが当然で世話してくれない奴は
冷酷な自己中野郎的な扱いなのはどうなんだろう。」

「いや喧嘩を売るつもりはないのです。
問題が山積みなのはその通りだと思います。
ただ何か攻め方がちょっと??というか・・・。
大学院重点化がまずいというのは完全に同意です。」


私の意見はというと、最後のpotasiumchさんの意見に近いものがあります。


【“博士進学問題:学生は就活同様の研究室選びをすべき”の続きを読む】

【論文】前頭前野の損傷は極端な功利主義を生む

「前頭前野の損傷は、功利主義的な倫理判断を助長する」
Damage to the prefrontal cortex increases utilitarian moral judgements
(nature 446, 19 April, 2007)


一月ほど前にオンラインで出版され、
他のブログでも少し話題になっていた論文。

前頭前野prefrontal cortexに損傷のある患者は、
功利主義的な倫理判断をしてしまうようです。

功利主義的な判断とは、たとえば:
「電車が、レール上の5人の人に向かって暴走しています。
他の1人を電車の前に突き飛ばして電車を止めれば5人を救えます。
さて、あなたはこの1人を突き飛ばしますか?」
という問題に対して、Yesと答えること。

前頭前野に損傷があると、このように
「少数を犠牲にして多数を救おう!」と思ってしまう、らしいです。



【“【論文】前頭前野の損傷は極端な功利主義を生む”の続きを読む】

「150量体」は英語で何と言う?

日本語では、8量体のことを8 mer(はちまー)と言ったりする。
(うちのラボだけなのだろうか?)

octamerよりも直感的にわかりやすいからだろう。

150量体とかになるとそもそも読み方を知らない場合が多いので、
「ひゃくごじゅうまー」と読むことに正当性はある。
(「ひゃくごじゅうりょうたい」でいい気もする)


がしかし、ふと疑問に思った。

英語のネイティブはどうやって表現しているのだろう?

ネイティブは、
enneakaidecamer(19量体)とか
hectopentacontamer (150量体)とか
本当に使うのだろうか??

それとも日本のラボと同様、
one-hundred-and-fifty mer
と表現したりするのだろうか。

今度確かめてみなければ。

科研費・グローバルCOE・省益

最近、周囲が科研費だのグローバルCOEだので盛り上がっています。
盛り上がっているというよりは鬱々としながら議論しているといった感じでしょうか。

政府の第3期科学技術基本計画では、5年間に投入する科学研究費の総額を25兆円にしたとされています。
第2期の5年間よりも1兆円の増額のようです。

ただ、これは本当に実質的に「増額」になっているのかという点では懐疑的なようです。
なぜなら第2期とは異なり、国立大学が法人化されているからでして。

国立大学が(形式上)国家機関ではなくなったことで

毎年、政府からの交付金が1~5%削減されていっている
100億円の退職金を大学が捻出する必要がある
防災設備・建造物・物品の減価償却費も大学が拠出するようになった

などの追加経費が出ています。

これらの経費は、5年間で1兆円増額されたからといって埋められるものではないと言われています。

つまりは純研究費は減額、と。

しかも実質的には国家機関であるため
文科省の「アドバイス」には従い続けなければならないというこの矛盾。

文科省は「命令ではないから」と責任回避をしていますが
カネを握っている以上は実質的には命令ということに変わりありません。


【“科研費・グローバルCOE・省益”の続きを読む】

【記事】モーツァルトに頭を良くする効果はなかった

「モーツァルトの音楽に知能を高める効果はない」

ドイツ政府が出した結論らしいです。
( nature, 13 Apr 2007, doi:10.1038/news070409-13)

なぜにドイツ政府??
と思いますが、これには納得できる理由がありました。

近年、「音楽と知能の関係を調べる研究への科研費を出してくれ」という政府への申請が大幅に増加しているかららしいです。
(生誕250周年記念の影響かな?)

申請があっても、政府はその研究に意味があるのかどうかわからない。
というわけで、とりあえず政府が独自の調査会で、
音楽と知能に関係があるのかどうかだけ調べたという経緯のようです。

当初からモーツァルト効果はマユツバものだったので特に驚きはしませんが、
「この効果を認めるとたくさんの申請書を読まねばならん(しかも科研費がかさむ)」
という政府の立場からすると、ある意味で conflict of interestに
引っかかっている気がしないでもありません。
邪推ですが。

驚いたのは、このモーツァルト効果の発端はnatureの論文だったということ。
カルフォルニア大学アーバイン校の研究らしいです。
(Raischer et al, nature 365, 611, 1993)
こんなに「権威」のある研究だったのか、と逆に見直してしまいました。


このドイツ政府によれば;

【“【記事】モーツァルトに頭を良くする効果はなかった”の続きを読む】

【記事】バクテリアがうつ病を防ぐ

今週の The Economistに、「バクテリアがうつ病を防ぐ」という記事がありました。

Neuroscienceに投稿中、と書いてありました。
実際にNeuroscienceのHPを調べても載っていないので、
アクセプトはされたものの掲載前の状態なのでしょう。

掲載前の論文ネタさえ提供してくれる「一般紙」The Economistは素晴らしい。

その記事を要約すると以下のようになります。

・Bristol大学の Chirs Lorry博士の研究

・もともと、Mary O’Brienという人が、Mycobacterium Vaccaeという
バクテリアとがんの関連を調べようとして見つかった現象。

・O’Brienは、M.Vaccaeをがん患者に接種すると、
症状が軽くなっただけでなく、精神の健康状態も良くなり
活力が出て、認知能力も向上したことを見出した。

・そこでLorryは、仮説として「M.Vaccaeへの免疫抵抗によって
脳内でセロトニンが分泌されているのではないか」
と考えた。

・マウスに M.Vaccaeを接種すると、サイトカインが上昇した。

・サイトカインは背側縫線核dorsal raphe nucleus を刺激することで知られている。

・背側縫線核中には辺縁系につながる細胞群があり、感覚器の刺激を受けてセロトニンを辺縁系に送り出している。

・結果的に、マウスはストレスフリーになった。
M.Vaccaeを接種したマウスはそうでないマウスに比べてプールでの水泳を楽しんでいた。


【“【記事】バクテリアがうつ病を防ぐ”の続きを読む】

MS操作の備忘録

初めて本格的に質量分析器(MS)を使った。

感想を箇条書きにしてみる。

ピペット操作が多すぎる。

ゲルから20ほどのスポットを切り出し、
それぞれについて2種類の濃度、2種類のマトリックス溶液を使うとなると
合計の操作数はかなりのもの。

腱鞘炎になりそう。

8連ピペットが欲しい。マジで。
というかロボットが欲しい

コンタミ多そう。

噂通り、ケラチンが大量に出てきそうな予感。

解析はまた明日する予定だが、解析しなくてもだいたいわかる。

なぜなら、分子量が異なるスポットに同じようなピークが何度も出てきたから。
ケラチンがあることを示す特定の数値が嫌いになりそうである。

コンタミを減らすためにも、
やはりロボットが欲しい(反実仮想)。


【“MS操作の備忘録”の続きを読む】

手話は表情でも文法が決まる

手話には手の動きだけではなくて表情も重要であるということはそれなりによく知られている。

けれども、『遺伝子・脳・言語』(堀田凱樹、酒井邦嘉著;中公新書 2007)という本を読んで、「手話には表情 “も”重要」などというレベルではなく、文法レベルで「手話の一部」ということがわかった。

たとえば、
「佐藤が来ます。田中が来ます。」という並列文と、
「佐藤が来れば、田中が来ます。」という条件文。

この二つは、手の動きが同じで、顎の動きで区別されるのだという。

これは、「表情でニュアンスが変わる」という問題ではない。
根本的に文法が異なる。

もはや ”手”話 という言葉は不適に思えてきた。

体話?



他に、手話関係でおもしろいと思ったことが何点か。


【“手話は表情でも文法が決まる”の続きを読む】

脳内LAN

ぎゃふ。
見事に引っかかってしまった

一応、他ソースを調べるためにググったものの
数万件の検索結果が出てきたので安心しちゃいました。
ほとんどが会社名だったようで・・・。


でもそのうち本当にやりかねませんけどね、Googleなら。
松下電機は脳タンパク質の研究をしてましたし
ソニーはテレパシーの研究をしていたことを考えると
もっとファンキーな企業であるGoogleは脳内検索くらいのことは考えても不思議ではありません。

そのうち、脳と脳をネット上でつないで、脳のグリッドコンピューティングとかやりだすかも。
攻殻機動隊ばりに。

あ、でも脳梁を切断する右脳と左脳で独立して意識が生まれることがあるのを考えると、全脳は脳梁を介してLANを作っていると解釈することもできるのかな。

脳梁には二億本の神経軸策があることを考えると
人工的に脳同士をつなぐのは若干難しいかもしれないけど。

逆に言えば、脳同士をつなぐと、ネットワーク全体で新たに統合された意識が生まれる可能性もあるのか。
脳の情報処理のほとんどは意識に上らないことを考えると、脳同士をつなぐと意識下処理がさらに増えることにもなりそう。

Googleによる脳内検索、iBrain

【注:このエントリーは、エイプリルフールのジョークです。あしからず】

Googleが人間の脳内の情報までも検索対象にしはじめました。


少し前に「Googleの開発責任者は脳科学者」という記事を書きましたが、
そこでは「GoogleはWebを脳のように見立てているのかも」などと
書いていました。

あまりに考えが浅かったようです。

Googleは「ホンモノの脳」をも直接検索対象にしはじめました。

iBrainなる計画。(c.f.Syuzoさんのブログより)

Googleがやろうとしていることはまとめると以下のようになります。

iBrain 1.0: ユーザーの脳波でコンピュータを操作できるようにする
iMatrix 1.0:脳波の情報をネットにつなぎ、SNSやゲームを脳波で楽しむ
iBrain 2.0: ユーザーの神経活動を直接観測し、コンピュータにつなぐ。
iMatrix 2.0: 神経活動の情報をネットにつなぎ、Googleが保存。



【“Googleによる脳内検索、iBrain”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。