スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BOOKS】『高学歴ワーキングプア』

高学歴ワーキングプア  「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)
(2007/10/16)
水月 昭道



副題は「フリーター生産工場としての大学院」。

「ニートの生産工場」としなかったのはせめてもの気遣いか。

いわゆる「ドクター・ポスドク問題」を取り上げた一冊です。

正直なところ、データも分析も提言も種々のブログのレベルを超えておらず、
新しい発見はさほど多くありませんでした。

”著者略歴”には、「任期が切れる2008年春以降の身分は未定」(現在は非常勤講師)とあります。
被害の当事者として書いているという意味なのでしょう。
本書の中身も憤怒で満ちていますし。

著者の焦点は、著者の言葉を借りれば
「二流大学から二流大学大学院に行った人」や
「二流大学から一流大学大学院に行った人」に向けられており、
「一流大学から一流大学大学院に行った人」に関してはほとんど語られていません。
(著者による「一流」の定義は「旧帝大」)
わずか数行、「この人たちは最もフリーターを回避できるチャンスがある」と言及されているに過ぎません。

いや、それはどうなのかと。
是非とも、「一流大学から一流大学大学院に行ってもなお苦しい」という人々もインタビューして欲しかった。
そっちの方が危機感を煽れるでしょうに。


本書では、博士号を取ったのに苦しい生活をしている人々の様子が語られるわけですが、私が愕然としたのはそういった「問題提起」の部分ではなく、著者が「希望もあるよ!」と訴えている章でした。

「大学院のいいところ」の一つとして、「コミュニケーションの達人へ」という節が設けられています。

曰く。
「実は大学院では、常識をとても大切にした教育がなされているからだ。
 挨拶に始まり、研究室の掃除や資料の生理整頓、指導教官へのお茶くみ、気の利いた会話、先輩は後輩への気遣い、事務職とのお付き合い、会議などの準備・手配や飲み会等の仕切り、など。いわゆる下積みというものを、何年もの間にわたり経験させられるのが、大学院生の普通の生活なのだ」


これは衝撃的。

何ですか指導教官へのお茶くみって??

会議の手配って???

しかも「大学院生の普通の生活」????

初耳なんですけどっ!

もはや「下積み」というよりアカハラに聞こえてしまう。

そこらの企業や職人の「下積み」と違って、大学院生は金を払っているんですよ。

金ヅルをこき使うなんて、そんなのアリ?


(まぁ確かにうちのように、試験管etcまで洗ってくれる人が存在するのが良いかと言われると大いに議論の余地はありますが。)


この状況が、「大学院の希望」として真剣に(皮肉ではなく)語られているところに、問題の深刻さを感じました。

スポンサーサイト

悲喜こもごも、学振。

学振の結果がわかる時期です。

毎年のことながら、落選した人への接し方がわかりません。

優秀で努力家なのに、テーマが難しくて結果が出ていない人が落ちていると特に。

通っている人もいるだけに、なおさら。

こういう現実を目の当たりにすると、研究評価の改善の必要性を強く感じます。

MOTの前に、management of intelligence。

こういう研究もやりたい。

国の大事な資源が浪費されるのは見るに忍びない。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。