スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【論文】頭に描いたイメージが読み取れた

脳内イメージの読み取りがさらに現実味を増してきたようです。

Visual Image Reconstruction from Human Brain Activity using a Combination of Multiscale Local Image Decoders
Miyawaki et al
Neuron 11 December 2008


国際電気通信基礎技術研究所(ATR)などの業績。

アルファベットの “neuron”を1文字ずつ見てもらいながらfMRIで脳内の血流を読み取って解析したところ、元のneuronの文字に近い画像を構成できたそうです。

もしかして他のジャーナル用に “nature” とか “science” とかの画像も用意していたんだろうか、なんて邪推してしまいますが、それはまた別の話。

実際、この画像は感動ものでした。

ここまではっきり再構成できるものなのか、と。

20081211 neuron

上の画像の、上段が被験者に見せた画像、下が再構成した画像です。


彼らが行った実験の概略は以下の通り。

1)10×10マスのランダムなモザイク画像を440種類用意する
2)被験者にモザイク画像を見てもらい、その際の視覚野の血流をスキャン
3)neuronの文字を1文字ずつ見てもらい、その血流から元の画像を再構成

何が驚きかって、アルファベットのような文字が、モザイクから再構成できるというそのスキームそのものです。

我々は目の前の映像を「点の集合」として認識しているのでしょうか?

「一」の字と「人」の字を認識させれば「大」の字を見たときのパターンがわかる、というのに似ているわけですよね、今回の実験。

そんなに要素還元的に画像を認識しているように思えないのですけれども・・・

たとえば自閉症児は、野菜で形取った人の顔を認識できないことがあります。

個々の野菜が認識できるのに、全体の「顔」が認識できない。

となると、要素と全体は別のスキームで認識されていると考えるのが自然かと考えられます。

「人」が認識できるけど「大」は認識できない、ということがあってもおかしくないように思うのですが。

それとも、「画像の認識」と「それが何であるかの認識」そのものが別で、視覚野のスキャンでは「単なる画像の認識」が可能ということでしょうか。

それはそれで非常に面白いことになりそうです。

新聞では「自分が見ている夢がわかるかもしれない」などと書いていますが、そもそも「自分が今何を見ているのか」がわかるようになるかもしれません。

私たちは錯視画像を見て楽しむことがありますが、視覚野のスキャンにより、「錯覚を起こす前に見ている生の画像」を見ることができるかもしれないわけです。

逆に、もし視覚野が単なる生画像しか表象しないのなら、夢のスキャンは難しいのではないかと思います。

夢は多分に画像の「解釈」が加わっていると考えられます。

たとえばわずか数分で数十分におよぶ夢を見ることがあることを考えると、画像が視覚野に現れる時間はリアルタイムではあり得ません。

何らかのプロセシングが入っているのでしょう。

今回のneuronは一体何を見ていたのか、今後の発展が期待されます。



また、「犯罪捜査などへの安易な応用は危険」とオーサーの宮脇氏自身が述べていますが、既に「指の血流スキャン」である嘘発見器は犯罪捜査でも使われていることを考えると、法的な障壁は大きくないのではないかと思いました。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。