スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『生化学 若手の会』雑感(2):先生方のメッセージ

今回の「若手の会」では、「海外留学ってどうなの?」というテーマのもと、
海外でPIを務めたor務めている人々のお話を聞くシンポジウムがありました。

海外事情に加えて、それぞれの先生の「学生へのメッセージ」が加えられており、
しかも皆さん仰ることが異なるので興味深く聞いていました。
4時間があっという間でした。

以下、特に印象に残っていた先生方の紹介とメッセージ。


●白楽ロックビル先生

『博士号とる?とらない?徹底大検証!』などの啓蒙書で知られる人。

実は私、この本の書評を7年前(高校生のとき)にネット上で書いたことがあり、
今ではその書評が白楽先生のHPに転載されています。
大変恥ずかしいです。
転載されるとわかっていたらもっとマジメに書いたのに・・・。

何にせよ、当時から白楽先生のファンだったので、今回挨拶を交わすことができてとても嬉しく思いました。

メッセージは;

「熱く生きよ!」

「今、面白いことをしろ!」





●近藤久雄先生

熱い人でした。
「熱く生きよ!」なんて言葉にしなくても、
全身から熱いオーラが出ていました。

私が文字にしてもその熱さは全く伝えられないので残念です。
それでも備忘録的にメモしておくと;

「ポスドクになったら分野を変えること。単なる競争ではなく、『誰もやっていないこと』をやること。博士課程までの分野と、ポスドクでの分野を融合させることで、オリジナルな分野が開ける。」

「分野を変えても、基礎力があれば何も問題ない。」

「『速い頭』より『強い頭』」

「考えるプロセスを大切にすること!」

「日本の研究者たちは、『将来は独立しよう』と思っていないように思う。PIは独立心がなければ無理。」

「いま何をすべきか、を能動的に考えよう」

「英語は心配しなくていい。重要なことを話していれば、相手は必死で聞いてくれる。」

「海外から機器を持ち帰る時、日本の税関はベラボーな関税をかけてくる。
関税はいかなる研究費からも補填できないので、機器を日本に持ってくるのは大変。」

「『留学なんてしたくない』という人ほど、留学すると居座る傾向にある。
なぜなら、そういう人ほど日本的な考え方を持っており、
その方が渡英・渡米したときに「おもしろい考え方だ」と尊重してくれるから。」

「イギリスの給料は安い。でも事務仕事はやらなくていい。」

「自分の研究人生のために妻の人生を犠牲にしてきたことには罪悪がある」

「常に『本質とは何か』を考え、個性を出すこと。」



●島岡要先生
ハーバード メディカルスクールのラボでPIを務めていらっしゃる方です。

この先生だけ英語で講演をされました。

その理由;
「みなさん、留学をするときに、英語力が心配でしょう?
私も心配でした。
でも私は当時、ある日本人PIの人の英語を聞いて、
『この程度の英語力でもPIができるなら僕にもできるはず』
という不遜な自信を持ってしまったんですね。
そこで今回は、皆さんの恐怖心を取り除くために、
私がその時の様子を再現しようと思います。
私の下手な英語を聞いて自信をつけてくれれば幸いです」


天晴。
確かに英語は上手ではありませんでしたが、
それを自覚しつつも「学生に自信をつけてもらうため」にあえて下手な英語を披露する先生には初めて会いました。
その勇気には感服します。

あと、この先生はPIを務めるにあたって
経営学の勉強もされているそうです。
曰く「ビジネスの経営理論はPIの運営にも通じる」

ドラッカーなどの著書を読んでいるとか。
とても共感がもてました。

メッセージは
「Strength-Based Approach」。
ドラッカーの主張の一つでもあるようで。

「弱みを埋めるのではなく、強みを生かせ」


うーん、でも自分の強みってどうやって同定すればいいんでしょう。
自己分析っていってもねぇ・・・

同定した後も、その強みが必ずしも研究に役に立つものとは限りませんし。


●野水基義先生

キリン、NIH、カナダ国立研究所、北海道大学、東京薬科大学などで研究された経験のある方です。

その講演、もはや

神。

おもしろすぎる。
もう聴衆はずっと笑いっぱなしでした。

研究者のM1グランプリがあれば間違いなく日本一です。

メッセージは

「研究に笑いを!」

。。。


多様性バンザイ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

生化学若い研究者の会 生命科学 夏の学校

生化学若い研究者の会のご招待で生命科学・夏の学校(8月3~5、国立女性教育会館、埼玉県)に、シンポジウム「所変わればラボ変わる?比べてわかる日本と世界?」のパネリストとして参加した。まず第一に、スタッフの学生さんたちの情

ヒルズ黙示録・最終章

ライブドア事件が良く書かれていて読み応えがあります。テレビのニュースやワイドショーで見ていたことがいかに浅い部分だったかと言うことを実感させられました。問題がどこにあるか、なぜ事件が起こったのかを読者に伝わると思います。「ヒルズ黙示録」の続編です。堀江被

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。