スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BOOKS】『脳学』:オリーブオイルは風邪薬より効く?

脳学 アッ!いま、科学の進む音がした (KS科学一般書) 脳学 アッ!いま、科学の進む音がした (KS科学一般書)
石浦 章一 (2007/08/23)
講談社



著者である石浦章一さんは、
・ 一般向けで、
・ 科学的正確性を期し、
・ 新しい話題を
・ 面白く、読みやすく
書いてある脳科学の著者として、池谷裕二さんと双璧を成すと思っています。

池谷さんの著書と異なり、引用文献を明記していないことが玉に瑕ですが。

(一般向けだから引用文献がないのは当然、と思われるかもしれませんが、意外に多くの脳神経系の専門家も読んでいるのです。自分の分野から少し外れただけで最新情報をアップデートできていないことはよくあるので。学生だけではなく、実際に複数の神経系教授・準教授が池谷さんの本を「勉強として」読んでいる例を知っています。そういった場合、引用文献が書いてある非常に助かるのです。)

以下、特に興味深かった点のメモ。

(以下の他にも、寿命を延ばす遺伝子や、アルツハイマー遺伝子など興味深い話は多かったのですが、前著『遺伝子が明かす脳と心のからくり』などの話題とかぶっていたため、インパクトは大きくありませんでした)

(1) 良性家族性新生児痙攣1(BFNC1)という病気があり、生後2週間以内にひきつけを起こす病気なのだが、この原因遺伝子はKCNQ1というKチャネルの異常だった。
この遺伝子はもともと不整脈の原因遺伝子として見つかったものだった。

(2) 18世紀から19世紀にかけてイギリスに君臨したジョージ3世は、頻繁に発狂することで知られていた。ジョージ3世の髪の毛が残っていたので、そこから原因を分析することになった。毛根がなかったのでDNA分析はできなかったが、髪の毛から質量分析をすることによって、大量の砒素と水銀が見つかり、これが原因とわかった。

(3) アメリカでは、ADHD用の薬であるリタリン(メチルフェニデート)が、集中力を高める薬として健常者にも大人気。また、記憶力を高める薬だけではなく、記憶力を悪くする薬も認可を受けた。これはPTSDのトラウマ消去対策。

(4) オレオカンタールという、高級オリーブオイルに含まれる物質は、風邪薬に入っているイブプロフェンに構造が似ている。どちらもシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害するので、機能も似ている。しかもイブプロフェンよりも抗炎症能力が高い。

以下、感想。

(1) BFNC1と不整脈の話:私の家族に、不整脈がある人と、小さい時にひきつけを起こした人がいるので、もしやKCNQ1(の異常)の遺伝かと思ってしまい。
異なる症状の原因遺伝子が同じというのは興味深いものです。意外な薬が効果を持つという発見の糸口になるでしょうし、日常でも簡単な遺伝子自己診断ができるようになるかもしれません。(自分は今こんな症状があるから、将来は別のこんな病気になりやすいだろう、など)

(2) ジョージ3世の話:普通に読んだら「へぇ~」で終わった話なのですが、質量分析を行ったという点が印象的でした。自分が質量分析に関わっていると、その難しさの端緒がわかります。本文中には一行で「髪の毛を質量分析した」と書いてあっても、その裏にはそれなりの苦労があったんだろうなぁ、と想像してしまいます。やはり、同じことが書いてあっても、読み手の知見や経験によって印象はずいぶん変わりますね。逆に考えれば、ふだんは「へぇ~」としか思わない記事にも想像を絶する苦労があるんだろうなぁ。

本文では、「当時、砒素は梅毒の薬でもあったため、梅毒用の薬を服用していた可能性もある」とされていました。実は砒素だけではなく水銀も当時は梅毒用の薬として使われていましたので、ジョージ3世が梅毒だった可能性は高いと個人的に考えています。ちなみに、水銀ですので、服用中の副作用は梅毒よりもひどかったそうです・・・。

(3) 記憶消去の薬:本文中でも指摘されていましたが、記憶を消去する薬って、特定の記憶をどうやって消すんでしょう?他の記憶まで消えたら困るような。「何もかも忘れてしまいたい」なんていう患者の記憶を本当に消してしまったら傷害罪っぽいし。

(4) 風邪薬の話:風邪薬の成分が普通の薬にも入っているというのは面白い。しかも市販の風邪薬よりも強いというのが特に。塩酸ジヒドロコデインに似たものが入っている食物もあるのでしょうか。

「食事療法」って、もしや東洋的な経験医学ではなくて、単純にフツーの食事の中に風邪薬っぽい成分が入っているから効くんじゃないだろうか。それなら西洋医学で説明できそう。同時に、「風邪薬なんておまじないだよ」という医者の言葉の意味もよくわかる。つまりコントロールとしての「普通の食事」と成分レベルで大差ないからなのかも。

スポンサーサイト

コメント

オリーブ偉大ですね。でも搾りたてのエキストラバージン・オリーブ・オイルはなかなか手に入らないかもしれません。。。

不整脈の話なんですが、危ないものと、大丈夫なものとありますよね。。。なんだか不思議です~

MSは大変そうですね!
分析を委託したので、私がしたのはゲルからの切り出しだけでしたが。。。

コメントありがとうございます。
オリーブのことには疎いのですが、希少なんですね、このオイル。

私もときどき不整脈になることがありますが、おそらく良性なのでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。