スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BOOKS】『「理系」という生き方』

「理系」という生き方―理系白書2 (講談社文庫 ま 56-2)「理系」という生き方―理系白書2 (講談社文庫 ま 56-2)
(2007/12)
毎日新聞科学環境部





『理系白書』の続編。
理系院生の就職事情に関するブログを読んでいる人なら、目新しい情報はほぼ皆無であろうと思います。
しかもブログのほうがおもしろい。
出版業界衰退の一因は、ウェブ上の情報や知見に対して相対的に魅力が減ったからだと思わせます。

「理系院生ももっと多様なキャリアパスの模索を」という項目では、ケーススタディが羅列してあり、それぞれ少しずつ楽しめました。

やはり理系から金融に行く人は増えているようです。
ただ、これは2000年以降、不良債権問題が一段落してからの話らしく、バブル期もやはり理系の需要は高かったということがわかります。

「金融が札びら切って優秀な学生を奪っていく」という工学部教授の言葉は印象的でした。
本音なんでしょうね。
この教授自信は、ポスドクや院生の給与に関して権限を持たないので、ある意味で被害者の一人かもしれません。

ただ、「理系」とは言っても、ほとんどが工学系ということがわかります。
例示されていたのは、たとえば次のような人々。

 東大工学部→野村證券→カリヨン証券
 東大工学部→外資系証券会社→信販会社のCFO
 京大工学部→住友生命
 京大工学部→銀行→安田企業投資
 早大理工学部→三菱信託銀行

読んだ限り、バイオ・ライフサイエンス系からの金融は皆無。
いや、そもそもバイオ系の院生自体が登場していないのでは・・・
確か院生の半分近くを占めるメジャー分野のはずなのに。

げに恐ろしきかな、バイオの就職事情。


最後に、情けない事例を一つ引用。

京都大学理学部三年の田中さん(仮名)は、文系就職を考えている。
セミナーに参加したりOB訪問をした企業は、銀行、証券、メーカー、コンサルタントなど40~50社に上る。
高校時代の化学の教師に影響され、ノーベル賞受賞者を輩出してきた京都大に進んだ。だが、入学してみて「成果が出るまで10年、20年かかることもある。僕にはそこまでやりとげられるだろうか」と迷いが生まれた。
より広い社会に関心が移り、就職活動で企業を回るうち、世界を相手に仕事ができる総合商社に魅力を感じ始めた。
「理系はビジネスに疎い」という世間の見方は今も根強い。「履歴書に『文系』と書きたくなるときも確かにある。でも入社すれば、他人と違った経歴はきっと強みになるはずです」と田中さん。就職活動ではその点をしっかりとアピールするつもりだ。



うわー・・・

なんだかいろんな意味で自分に似ていて嫌ですね。

目の前にこんな人が現れたら説教してしまいそうです。

しかしこの人、本当にOB訪問したんでしょうか?
私も何十人とOBに会いましたけど、理系だから不利と感じたことはただの一度もありません。
(数理系ではなく生物系ということで不利を感じたことはありますが)

三菱商事の人も、「ビジネスは科学的でなければならない」と豪語していましたし。

「ビジネスは感性、なんて昔の話。論理的に自分のやろうとしていることを説明できない人には仕事を任せられない」とも。

もちろん感性も重要だけど、との付言はありましたが。


私が内定した外資投資銀行も、半数以上が理系院生でしたし。

よって、履歴書に「文系」と書くなんてそんなこと、とてもできたものではありません。

この田中さんがその後どうなったのか心配です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

自然の摂理を逸脱した技術ではないか?

なぜES細胞研究が人に適用できるようになったのか?に関連してクローン技術を扱って...

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。