スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BOOKS】『心脳マーケティング』

心脳マーケティング 顧客の無意識を解き明かす Harvard Business School Press心脳マーケティング 顧客の無意識を解き明かす Harvard Business School Press
(2005/02/10)
ジェラルド・ザルトマン



「心理学×脳科学の複合領域アプローチ!」

なんて銘打ってあるので、「脳科学の知見を生かしたマーケティング戦略の本なのかな」と期待して買うと、おそらくがっかりします。

私は残念ながら、そう期待した読者でした。

きっと「脳科学のアプローチ!」なんて言葉がなければ普通にマーケティングの本として楽しめたのでしょうけど。

本書の中から脳神経関係の用語を全て取り去っても、内容にほとんど差はないはずです。


しかも、脳科学関係の部分も、データに若干怪しい部分が見受けられます。

p47には「大脳皮質は、3000億ほどのニューロンを内包し」と書いてありますが、
大脳皮質にあるのは130億程度じゃありませんでしたっけ?

計測方法によって桁の一つや二つは変わってくるのかもしれませんけど。



神経経済学についてのまとまった本を読みたいのに、日本語だと見つかりません。

いや、そもそも外資系に就職する身なんだから英語で読めよ、

と自分で突っ込みたくはなりますが。




あ、マーケティングの本としては面白いんですよ、この本。念のため。

ある広告代理店は、社内コンサルティンググループのスタッフとして分子生物学、数学、フランス文学などの修士号取得者を登用したり、投資銀行経験者を起用したりして多様性を重んじた結果、3年で売上が倍になった、だとか。
(市場規模が倍になっただけ、などの理由も考えられるので、一概に因果関係を論じられませんが)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。