スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テストステロンが多い日はデイトレードに勝てる

テストステロンが多い日はデイトレードがうまく行くらしい。
(The Economist 17 Apr 2008)

記事の題名が「金融内分泌学 financial endocrinology」。

しかも元論文がPNAS。

nature に続き、PNASもネタのような論文を出すようになって来ました。

要点は以下の通り。

・ケンブリッジ大学のJohn Coates博士 とJoe Herbert博士は、デイトレードとホルモンの関係を調べるため、17人のトレーダーをボランティアで集めた。

・計測したのはテストステロンとコルチゾール。

・予測としては、平均より儲けた日には興奮してテストステロンが増え、損した日にはストレスによりコルチゾールが増える、はずだった。

・しかし結果は予想とは異なり、テストステロンは儲けた日の朝に高くなった。先行したのである。
・さらに、コルチゾールは損失ではなく不確定性に反応して高くなった。

・つまり、朝にテストステロンを計ればその日のトレードがうまく行くかどうかが予測でき、さらにトレーダーに向いているのは損をしてもストレスに思わない人、ということになる。



これは面白い。

テストステロンといったら男性ホルモンの一種。

やはりデイトレードは男性の方が向いているのでしょうか。

今後、儲けるためにテストステロンを注射する『ドーピング』が流行るかもしれません。

トレーダーの就職試験も、ゲームをやらせながらホルモン計測をするとかねw


追記:使える英語表現を発見。上記の記事の中で、「どちらの予測も適切ではなかった」という意味で、neither prediction was quite on the money という表現が使われています。moneyにかけてるんですね。さすが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

【内分泌学】についてブログや通販での検索結果から見ると…

内分泌学 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。