スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

bpといえば・・・

一度金融の世界に身を浸すと、語彙体系をバイオに戻すのに少々時間がかかります。


1年前は「40bp」という文字を見ても「40ベースペア」としか読めなかったのに、今では「40ベーシスポイント」が最初に思い浮かびます。

(ベーシスポイントは一般に0.01%のことですが、金利の単位として広く使用されています)

無論、「株」もstrainに代わってstockの意味が最初に来るようになってしまいました。

他には
「CD」(円偏光二色性→社債)、
「TB」(結核→米国短期国債)
などなど。

もはやニューロンの電位グラフが株価チャートにしか見えなかったり





「ついにこいつも金儲け主義の株屋に成り下がったか・・・」





という声が聞こえてきそうなのですが、それは偏見です。(たぶん)

なぜ?

1点目。
株や債券を扱っていることと、株や債券で儲けていることは全く別のことです。

マーケットと呼ばれる部門は確かに株や債券でも儲けていますが、投資銀行部門と呼ばれる部門は株や債券の売買で儲けることはしません。

お客様である企業に対して、M&AやMBOなどの戦略を提示し、その道具として株や債券を使用するだけです。

あくまで道具。

儲けの源泉はアドバイス料(手数料)。

「ピペットマンを使って実験する」のと「ピペットマンで儲ける」ことが全く異なることに似ています。

そりゃ確かにピペットマンなしには実験は進みませんが、しかしそれはピペットマン至上主義になったことを意味しません。

ちなみに私が所属するのもこの投資銀行部門。

よって、株や債券で儲けることにはあまり興味がありません

他の社員もあまり興味がないように見えます。

そんなことよりもお客様の業績が上がるスキームを提示することにエネルギーを使ったほうがよっぽど儲かりますし。


2点目。
そもそも株屋はダメなのか、と開き直ってみる。

確かに証券業界の中でも、株や債券で儲けるトレーダーの地位はあまり高くないのではないかという印象を受けます(給料は高いですよ)。

「彼らの行為は産業の大局的な構造変化には何ら寄与しない」等、理由は様々あるようですが。

実際、日本とは異なり欧米ではトレーダーはあまり学歴の高くない人が就く職業という事情もあり、その当たりの文化が輸入されている可能性もあります。

(さらに、トレーダーの中でも「テクニカル分析」を信奉する流派と実体経済を重視する流派で真っ向から対立しており、お互いがお互いを蔑視する傾向にあります)

がしかし。

株屋がそんなに悪いのかと。

バブル期のせいで「株は危ない」という認識が日本にいまだ蔓延していますが(株に「手を出す」という表現がその意識を象徴しています)そもそも株というシステムは経済に不可欠です。

たとえるなら、塩分の過剰摂取で死にかけた人が「塩分は危険だ」と言って塩分を遠ざけることに似ています。

それは塩分が悪かったんじゃなくて塩分の扱いが悪かっただけだろう、と。

「株屋」は経済の栄養を循環させる役割を担っているわけで、「成り下がった」という表現が当てはまるような職業とは思いません。

ピペットマン職人は、研究のイノベーションには寄与していませんが、研究のスピードアップには貢献しているわけですよ。

(しかも、悪意を持てばピペットマンの価格を不当に高めることだって可能です)




そんなわけで、金融で働く人々を見る目がせめて生暖かくなってくれるといいな、と思う今日この頃です。


(あ、でも研究者志望だった学生が投資銀行に流れ込んでいる現状は素直には喜べません。この件はまた後日)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。