スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡伸一氏:「できそこないの男はいばるな」

日本経済新聞(10月29日夕刊)に、福岡伸一氏の新刊『できそこないの男たち』(光文社新書)について氏がインタビューされている宣伝広告がありました。

「企画・製作=日本経済新聞社広告局」とあるので、光文社独自の広告枠ではなく、日経新聞でしか読めない広告と思われます。

インタビューの冒頭から途中までを抜粋。

-大変刺激的なタイトルですが、まずはそれについて教えてください。

福岡:この本で私が書きたかったことの核心は、「いばるな男!」とうことです。生物のなりたちを見ると、男はそんなにいばってばかりはいられないはずなのです。なぜなら男はすべてできそこないだからです。

―できそこないではない男、たとえば「できた男」はいないということですか?

福岡:そうです。あらゆる生命は最初、メスとして発生します。メスとしての基本仕様を、オス用にカスタマイズすることでオスは生まれてくるのです。
そのカスタマイズは、急場しのぎで無理があるため、男は女に比べて病気やストレスに弱い、ひいては死にやすい生き物となります。

―なのに、われわれ人間の社会生活の中では、男はいばって見えますね。

福岡:確かに。いまだに男が種を植えて、それをはぐくむ苗床が女、という錯誤的な見方があります。
しかし生物学的には、男の優位性は全くの幻想であり、決定的に誤っています。



本書についての批判としては、
「基本的なレベルで科学的事実の誤認がある」とか
「エッセイ的な部分が多すぎて空疎」だとか
「文系の私から見ても説明が冗長」だとか
いろいろなものがありますが、私はこれらの批判に与するつもりはありません。

基礎的な科学的事実の誤認は、プロでも往々にして起こることです。

「あなたの隣の研究室の分野について、基礎から理解している自信がありますか?」

と問われて、自信を持ってYESと言える研究者はほとんどいません。

分野を横断する研究と解説が求められている今、技術的なミスを責め立てると進歩が阻害されると思っています。

「自伝の部分が多すぎる」とか「たとえ話が冗長」だとか言われている点に関しては、「そういう本なんです」としか言いようがないかと。

これが教科書ならともかく、新書なんですから、まぁこういう形式があっても良いと思います。

ポスドク時代の苦労話は、大学院生には参考になるかもしれませんし。


ですが。


「本書で書きたかったことの核心は『いばるな男!』ということです」

と言われてしまうと、突っ込みたい衝動を抑えられなくなってしまったので書いちゃいます。


「生物的にできそこないなら、いばってはいけない」

という考え方は非常に、非常に危険な考え方ではないでしょうか?

いばっていいかどうかの基準って、生物学的な優位性に依拠してるんでしたっけ?

「男」でなくとも、生物学的に優位ではない人ってたくさんいるじゃないですか。

遺伝病を持って生まれてくる人なんてたくさんいます。

彼らは、「生物的にできそこない」という理由で「いばってはいけない」のですか?

性同一性障害の人なんて、福岡氏の言う「カスタマイズ」にさえ遺伝的には“失敗”している状態である場合もあります。

彼らは男よりも劣位なんでしょうか?


氏は「いばっていい条件」を明確に挙げているわけではないので、もしかしたら「男も女も、皆いばってはいけない」と考えている可能性もあります。

でもそしたら「男は女よりも生物学的に見てできそこないだから」という理由付けがおかしい。

この理由を採用する限り、「生物学的に完全に近い女はいばってよい」を強く示唆するからです。

もっと言えば、健常者は遺伝病患者よりもいばってよい、と。

「生まれつき足の速い者、美しい者、親が貧しい者、病弱な体を持つ者、
生まれも育ちも才能も、人間は皆ァ!違っておるのだ。
そう、人は差別されるためにある!」

って、どこかで聴いた演説w


「人間は男に生まれるのではない。男になるのだ」って、ボーボワールの言葉をもじっていますけど、ボーボワールは一言も「女(男)の方が社会的に偉い」とは書いていません。

性差を根拠にした社会的差別自体を否定しにかかっていたのです。



根本的な問題として、社会的な優劣の問題を、生物学的な優劣を根拠に語ること自体が大きな間違いだと思います。

これは、氏に限らず一部のフェミニストや一部の保守派も同じなのですけれど。

フェミニスト(の一部)は、「男女に生物学的な性差はない!」ことを主張するのに躍起になっています。

「空間認知の差を論じたこのfMRIの実験はおかしい!」とか
「言語能力の差を論じたこの遺伝実験はおかしい!」とか。

しかしですね、そもそも男女差別を撤廃するために「生物学的な性差を否定」しようとするロジック自体がだいぶおかしい

彼/彼女らは、「もし男女に生物学的な差があるのであれば、差別は許される」ことを暗に認めてしまっているからです。

もしそうでないのなら、早々に生物学論争からは手を引いた方が良いでしょう。

なぜなら、「もし男女に生物学的な差があっても差別は許されない」と信じているなら、生物論争は全く無駄だからです。

「生物学的な差はあるが、しかしその差を論拠にしたこの社会的な隔壁は許されない」と論じるべきなんです。

(っていうか生物論争において勝ち目はないからやめた方が良いかと)


「優位」「劣位」でなくとも、「社会的な役割」を論じる場合も同様です。

「女性の方が、育児に適した生物的な構造になっている」ことが証明されたと仮定しても、
「だから、女性に育児をさせる社会な構造を作ろう」ということに必ずしもつながりません。

「日本人は、遺伝的に(MAO等)リスクテイクをしない」という事実があったとしても
「だから日本人にはベンチャービジネスをさせない税制にしよう」とはならないはずです。


社会的な問題に流れる「思想」は基本的に生物学的な『事実』とは関係がありません。

ユダヤ人がアーリア人よりも生物的に劣ると仮に判明したとしても(そんなことはないと思いますが)
「だからユダヤ人をサポートしよう!」となるか
「だからユダヤ人を殲滅しよう!」となるか
「別に、ほっとけば?」となるかは
社会的な思想の問題であって、生物の問題ではないのです。

なんか冗長になってしまいましたが、何が言いたいって言うと、こう、性を語るならもう少し性の社会的な側面に敏感になったほうが良いかもね、ということでした。
スポンサーサイト

コメント

投資銀行について

こんにちは!ブログ拝見しました。投資銀行ですか。。。かっこいいですね!私は23歳日本人女性でアメリカの美大卒なのですがロンドン等で働くinvestment bankerになりたいです!financeの知識が無いし不況なのでインターンシップを見つけるのも大変なのですが、何かアドバイスを頂けますか?よろしくお願いいたします。

>yumiさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
投資銀行に入るのにfinanceの知識が必要ないことは確実です。私自身、知識はほぼゼロで内定しましたし。
ただ、基本的な数学と一般教養は求められますので、「美大卒」というイメージから派生するステレオティピカルな「論理や知識よりも感性で仕事をしないだろうか」という採用側の不安を払拭してあげる工夫は必要かもしれません。

加えて、ロンドンは世界不況の中でも特にダメージが大きいところですので、ロンドンでの就職は(イギリス人であっても)難しいのではないかという印象はあります。
お役に立てなくて申し訳ないのですが・・・

無知ですが…

はじめまして。
私は通りすがりの者なのですが、このブログの内容が少々目にとまりましたもので、失礼ながら少々よろしいでしょうか。 

私は、この福岡伸一氏の執筆物を読んだことがなく、本来このようなことを質問するのは良くないのかもしれませんが…。


>「本書で書きたかったことの核心は『いばるな男!』ということです」

と言われてしまうと、突っ込みたい衝動を抑えられなくなってしまったので書いちゃいます。


「生物的にできそこないなら、いばってはいけない」

という考え方は非常に、非常に危険な考え方ではないでしょうか?

………これは、男性に対しての差別につながりかねないということでしょうか?それとも、「『男』じゃなくても生物的に優位じゃない人はたくさんいる」と書かれた人たち、現在のところ、実際に差別にさらされやすくなお且つ「生物的に優位でない」人たちに対する差別の危惧でしょうか? 

また、危険な考え方をした方の書いた出版物は世の中にゴマンとあると思うのですが…科学者であろうとそういった内容の本を出している人は沢山いますよね? 

>いばっていいかどうかの基準って、生物学的な優位性に依拠してるんでしたっけ?

「男」でなくとも、生物学的に優位ではない人ってたくさんいるじゃないですか。

遺伝病を持って生まれてくる人なんてたくさんいます。

彼らは、「生物的にできそこない」という理由で「いばってはいけない」のですか?

………遺伝病を持って生まれてきた人たちにもいばるなとも書かれているのでしょうか?

>性同一性障害の人なんて、福岡氏の言う「カスタマイズ」にさえ遺伝的には“失敗”している状態である場合もあります。

彼らは男よりも劣位なんでしょうか?

………そもそも、そういう趣旨のことをこの福岡氏は書きたかったのでしようか?
要は
>福岡:確かに。いまだに男が種を植えて、それをはぐくむ苗床が女、という錯誤的な見方があります。
という風潮に(少なくとも、氏はそう見てる訳ですよね?)対して大げさな書き方で反論しただけなのではないでしょうか?

だとするならば。だとするならばですが、先ほども書いた通り、科学者でありながら危険な内容の本などを出版される方は沢山いるでしょうしもっと極端で危険な内容のものもあるかと思います。
なぜ、HILOKIさんはこの「できそこないの男はいばるな」に対して「突っ込みたい衝動」を抑えられなくなり、ここまでの事を書かれるのですか? 


初めての書き込みにも関わらず、乱文・長文にてこのようなことを書き込みして申し訳ありません。
ご回答が戴けたら幸いです。




Re: 無知ですが…

コメントありがとうございます。

返信が遅くなり失礼致しました。

さて、ご提示頂いている質問に対して簡潔ながら私見を述べさせて頂きます。


> >「生物的にできそこないなら、いばってはいけない」
> >という考え方は非常に、非常に危険な考え方ではないでしょうか?
>
> ………これは、男性に対しての差別につながりかねないということでしょうか?
>それとも、「『男』じゃなくても生物的に優位じゃない人はたくさんいる」と書かれた人たち、現在のところ、実際に差別にさらされやすくなお且つ「生物的に優位でない」人たちに対する差別の危惧でしょうか?

どちらかというと後者です。私の趣旨はさらに一般化して、差別もしくは社会的優位性の根拠として生物学的差異を持ち出すことの危険性です。

> また、危険な考え方をした方の書いた出版物は世の中にゴマンとあると思うのですが…科学者であろうとそういった内容の本を出している人は沢山いますよね? 

その通りです。ただ、ゴマンとある危険物の中で、
1) 科学者が書いていて
2) 有名人である
という例はごく稀です。
科学者で、かつ有名である人が書く書物が社会に与える影響は看過できるものではなく、さらにエントリー時にタイムリーな話題であったため取り上げた次第です。
他の危険思想の著者に対し寛容であるわけではありません。

> ………遺伝病を持って生まれてきた人たちにもいばるなとも書かれているのでしょうか?

直接的な言及ではありませんが、論理を追う限りは示唆してしまいます。

たとえば、ある先生が生徒Aに対し、「お前はいばるな。なぜなら男だからだ」と言ったとしましょう。
この先生は、生徒Aに対してしか言っていませんが、「男だから」という理由をつけたことにより、A君以外の全ての男に対しても言及してしまっています。
つまり、男児B君のことには言及されていなくとも、この先生はB君に対しても「いばるな」と言うことになってしまいます。

同様に、「男は威張るな」という理由づけとして「生物的に劣位だから」という理由をつけてしまったことにより、生物的に劣位な者全てに対し「威張るな」と示唆してしまっています。

> ………そもそも、そういう趣旨のことをこの福岡氏は書きたかったのでしようか?
> 要は
> >福岡:確かに。いまだに男が種を植えて、それをはぐくむ苗床が女、という錯誤的な見方があります。
> という風潮に(少なくとも、氏はそう見てる訳ですよね?)対して大げさな書き方で反論しただけなのではないでしょうか?

男尊女卑の風潮に反論するのは大いに結構なことだと思います。
しかし、その根拠によっては容易に与できるものではなくなります。

たとえば、「在日韓国人に対する差別をやめよう!」と言う人がいたとしましょう。
この結論自体には多くの人が賛成するでしょう。

しかし、この人が差別を反対する理由が「なぜなら韓国人の方が日本人よりも優れた民族だからだ!」と言い始めたらどうでしょうか?
この理由づけに賛成できる人は逆に少なくなってしまいます。
これは単に「おおげさに反論した」のではありません。「そもそも反論の方法が間違っている」のです。
この反論の方法は、新たな差別を生む「間違った反論」であり、根本的には差別論者と変わりありません。

今回の場合も、男尊女卑に反論したいのなら、生物学的根拠を持ち出すべきではなかった、というのがエントリーの趣旨です。

ご理解頂ければ幸いです。

初めまして

初めまして、私もこの著作について、色々な思いを抱いたので、
書き込み失礼します。

>科学者が書いていて
>有名人である
茂木健一郎さんに関しても、最近ちょっとこの傾向があるように思います。

優劣、意義、強い、弱い、脆い、生物学的、等々
学者と冠の付く方が虚構な表現を使うのは、
特に何も分からない人にとっては取っ付きやすいのかもしれませんが、
その分多くの人を傷つけることになりますよね。
ある意味神様のみたいなものです。

生む機械ののような表現以上にかなり悪質であるはずなのに、
女性にしてみると大変面白い読み物だそうです(笑)
単純に男女どっちもどっちだと言う事が、面白くないんでしょうかね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。