スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳内LAN

ぎゃふ。
見事に引っかかってしまった

一応、他ソースを調べるためにググったものの
数万件の検索結果が出てきたので安心しちゃいました。
ほとんどが会社名だったようで・・・。


でもそのうち本当にやりかねませんけどね、Googleなら。
松下電機は脳タンパク質の研究をしてましたし
ソニーはテレパシーの研究をしていたことを考えると
もっとファンキーな企業であるGoogleは脳内検索くらいのことは考えても不思議ではありません。

そのうち、脳と脳をネット上でつないで、脳のグリッドコンピューティングとかやりだすかも。
攻殻機動隊ばりに。

あ、でも脳梁を切断する右脳と左脳で独立して意識が生まれることがあるのを考えると、全脳は脳梁を介してLANを作っていると解釈することもできるのかな。

脳梁には二億本の神経軸策があることを考えると
人工的に脳同士をつなぐのは若干難しいかもしれないけど。

逆に言えば、脳同士をつなぐと、ネットワーク全体で新たに統合された意識が生まれる可能性もあるのか。
脳の情報処理のほとんどは意識に上らないことを考えると、脳同士をつなぐと意識下処理がさらに増えることにもなりそう。
スポンサーサイト

コメント

すみませんでした!
けど、来年の今頃はウソではなかった、みたいなことになってるかもしれないですね。2.0の話はともかく。。。

来年もHILOKIさんをだませるよう、今からネタ繰り始めます。(苦笑)
HILOKIさんのブログでも来年はぜひ!
楽しいですよ。

>Shuzoさん

いやー、すっかりハマりました(^_^;)
昔、「スパゲッティの生える木」があるというニュースが4/1にアメリカで放映されたとき、
放送局に「その木はどうやって手に入るんだ」と問い合わせてきたのは日本人だけ、
という話を思い出してしまいました、
その日本人を笑えません・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。