スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD38の下流はCADPS2?

今日のジャーナルクラブ@ラボはCD38とオキシトシンの論文でした。
過去ログ(CD38がないと社会性を失う and レビュー)で紹介したもの。

さすがに先輩は関連論文を読み込んでいる量が違って、今更ながら勉強になりました。
でもこちらも予習していたので、珍しくプレゼンの全貌を把握できました。
逆に言えば、これくらい勉強しないと普段のジャーナルクラブは消化できないのかと思い、内心苦笑。

プレゼンを聞いているうちに、
CD38のノックアウトマウスと、
CADPS2のノックアウトマウスの表現型が非常に似ていることに気づきました。
(正確に言えば、思い出したと言うべきか)
(参照:CADPS2遺伝子と自閉症の関係

どちらのノックアウトマウスも、
・多動性
・femaleマウスの養育放棄
などの共通した症状を見せます。


CADPS2タンパク質の役割の一つは、
dense-core vesicleとPIP2に結合して、
Caイオン依存的にdense-core vesicleのエキソサイトーシスを引き起こすことです。
エキソサイトーシスを触媒しているのはactive zoneでのATP依存的プライミングの時。

CD38は、cADPRの合成を触媒し、それによりER内のCaイオンを引き出すことがわかっていますが、その下流が不明、という状態なわけです。


ヲヲ?

これはもしや、CD38の下流はCADPS2なのデハ?

そうだとすると、CD38のノックアウトではactive zone近くでdense-core vesicleが溜まるのも説明がつきます。
active zoneには行けるけど、Caが足りず、プライミングがうまくいかないからエキソサイトーシスまで進めない。

CD38をノックアウトしても完全にオキシトシン放出がなくなるわけではないことは、CD38以外のCaカスケード and/or 浸透圧などの他の原因でエキソサイトーシスが起きていると考えれば説明がつくわけで。


先輩は「Caカスケードは複雑すぎて、全てフォローするのは無理だった」と仰っていました。
しかし同じCaカスケードでも、その阻害による表現型が似ているのならかなり有力なのではないでしょうか。(このあたりのセンスがないのでわかりませんが)


私の研究分野ではありませんが(関係はありますが)もしこの分野の人間だったらCD38とCADPS2の関係を調べたかったと思います。
CD38とBDNF、ニューロトロフィン、ドーパミン(受容体)、概日リズムの関係とか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。