スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【記事】ダルフール紛争は気候変動が原因?

「ダルフール紛争の原因は気候変動が原因」とする国連報告に疑問
nature 447, p1038 (28 Jun 2007)

国連が、先月22日に「ダルフール紛争の一因は気候変動」とする報告をしたそうです。

このnatureの記事は、その国連報告に対する反論。

国連報告では、ダルフール紛争について次のように語っているようです;

・紛争の原因は、もともと平和に暮らしていた農民たちが、少ない資源を巡って争うようになったことだ。

・資源が少なくなったのは、気候変動のせいだ。
(the Darfur conflict began as an ecological crisis, arising at least in part from climate change)

この記事にもありますが、あまりにダルフールを単純化しすぎていると思います。
世界中で気候変動が起こってるのに、ダルフールで特異的に紛争があることが全く説明できません。


最近のダルフール紛争は、およそ次のような経過を経ています。

1)1956年に独立して以来、ムスリム系の独裁軍事政権が国を掌握

2)1962年、政府と非ムスリム系の南部民族との間で内戦勃発。
主因は遊牧民(アラブ系)と農民系(非アラブ系)による水と土地の争い。

3)2003年、政府と反政府集団の間で、石油資源の分配を決める和平合意がなされる。
しかしこの合意は公平でなかったとして、反政府集団(JemとSLM)が政府施設を攻撃。

4)政府は民兵であるジャンジャウィードを雇い、反政府集団を空爆

5)双方が民間人に対して虐殺・略奪などを繰り返す。近隣諸国にまで被害が及ぶ。

6)2004年の停戦合意後も双方に攻撃が続く。国連の介入も拒否。

7)2007年、政府が国連による軍の受け入れを承諾。
しかし、解決に必要とされる15000人には程遠い少人数である。


各国の姿勢もまちまちです。

コソボやソマリアに関しては「ジェノサイドだ」と認めたアメリカが、ダルフールに対してはジェノサイドを認めていません。
おそらくソマリアの二の舞になるのを恐れているのでしょう。

石油が欲しい中国は、ダルフール政府の最大援助国となり、各国から非難を浴びています。
(虐殺に使用されている兵器の大半は中国製で、空爆用の滑走路も中国が建設しているなど、両政府のつながりは深く、「北京オリンピックはジェノサイドオリンピックだ(兵器を売った資金が会場建設費に回っているから)」との非難が上がっています。6月号の『選択』に詳細あり)


なぜ国連が「ダルフール紛争は気候変動のせい」という発表をしたか?

この記事でも示唆されていますが、ジェノサイドを阻止できない国連が言い訳として使っているように見受けられます。

仮に気候変動が主因だとしても、「ダルフールを救うために気候変動を止めるんだ!」という話にはならないはずです。
つまりこれは「解決の放棄」に向かう原因分析。

イギリスなどは、ダルフールに5000人の兵を送る準備があるとさえ語っており、国際社会の姿勢さえ一致すればジェノサイドの阻止は不可能ではないと考えられます。
それができないのは、アメリカとか中国が牽制しているからと考えられるわけで。

しかも、2003年の紛争勃発原因を見ても、中国の姿勢を見ても、紛争の主因は「水と農地」というより『石油』なのではないかという気もしてきます。
それならば気候変動は大して関係がありません。

妙な便乗は避けて欲しいものです。


いつもは気候変動記事バンザイなnatureが、過剰な気候変動報告に対する反論を載せているので少し安心しました。



<英語のお勉強>
Shuzoさんのエントリーに、”spin”という単語には「データの解釈」という意味がある、というものがありました。

この用法は全く聞いたことがなかったので(辞書にも載っていません)、是非とも身につけたいと思っていたのですが、なかなか例文に会えませんでした。
(読む量が少ないんでしょうねorz)
で、今回の記事で始めて会えましたよ、spin。

“Like many experts, he questions the UN’s spin, which has played up the role of environmental degradation”

「彼は他の専門化同様、環境破壊の影響を過大評価した国連の解釈に疑問を投げかける」

なるほど、こうやって使うんですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

2005年5月、民主党の岡田克也代表(当時)がスーダンを訪問。ダルフール地方の難民キャンプを視察し、人道援助を行う考えを示した。その後、外務省は、人道上の問題で中断していたODAを再開する決定を行っている。2007年5月22日、安倍晋三首相は、「(ダルフール紛争を抱え

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。