スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BOOKS】『解剖男』:遺体は語る

解剖男 解剖男
遠藤 秀紀 (2006/02)
講談社

詳細を見る


遠藤秀紀著 講談社現代新書 1828 2006年

ちょうど1年前に出版された新しい本だが、今では置いている書店はあまりない。

がしかし、アマゾンでの評価がとても良かったので買ってみた。

評判に違わず、おもしろい。
解剖学を勉強すればするほど「構造は機能を表す」ということを感じるが、実際に本書ではこのフレーズが何度も出てくる。

本書で扱われているのはほとんど動物。
これまでヒトの解剖学しか勉強していなかったので新鮮だった。

ヒトの解剖学を学ぶだけでももちろん勉強になる。
しかし他の動物の骨格・臓器と比較すると、ヒトの構造の特徴が浮き彫りになる。
外国語を勉強すると日本語の特性がわかるのと同じようなものだろう。

鎖骨一つとっても、一部のサルはヒトよりも鎖骨が発達しており、
逆にキリンなどは鎖骨がほとんど消失している。
このことから、解剖学者は様々なことがわかる。

著者に言わせれば、頭蓋骨が最も多くの情報を引き出せるそうだ。
「未知の頭蓋骨でも、本書の3倍の情報量を引き出して見せよう」と胸を張る。
職人技ともいえる観察眼には恐れ入る。


がしかし・・・

【“【BOOKS】『解剖男』:遺体は語る”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。